アレルギー相談

アレルギーに関するご相談

小児アレルギーエデュケーター

小児アレルギーエデュケーター(Pediatric Allergy Educator:PAE)は、一般社団法人 日本小児臨床アレルギー学会 が認定する看護師・薬剤師・管理栄養士を対象としたアレルギー専門のメディカルスタッフの認定制度です。
高度な知識と指導技術を修得し、アレルギー専門医や他職種と協力し、アレルギー疾患を持つ子ども達とご家族のQOL向上に貢献します。
当院でも看護師がこの資格を取得しました。

  • アトピー性皮膚炎:スキンケアの指導
  • 気管支喘息:吸入指導、発作時対応の指導、環境整備について
  • 食物アレルギー:症状発現時の対応について、アナフィラキシーについて、エピペンについての指導などPAEの看護師を中心にご家族やお子さまのお役に立てるよう頑張っております。

分からないこと、不安なこと、ちょっとしたことでも何なりと聞いて下さい。
保護者の皆さまの他、保育園・学校の職員様向けの指導についてもご相談ください。

気管支喘息

allergy_02.jpg

気管支喘息は空気の通り道である気管支が何らの原因(ウイルス感染やアレルギーなど)によって慢性的に炎症を起こすものです。弱っている気管支は様々な刺激に弱くなるため、風邪、ほこり、煙、気候の変化、冷たい空気、ストレスなどでも咳や痰、呼吸困難が起きたり、ゼーゼー・ヒューヒューという呼吸音(喘鳴:ぜんめい)が聞こえたりします。
最も重要なことはそういった発作を出来るだけ減らし、気管支の炎症を日頃から抑えておくことです。

そのための主な治療薬(発作の予防薬)として、抗ロイコトリエン受容体拮抗薬(シングレア(R)、オノン(R)など)の内服薬と、吸入ステロイド薬(フルタイド(R)、パルミコート(R)など)の吸入薬があります。
当院でも、発作時の治療はもちろんのこと、全国で推奨されるガイドラインに則って、発作の予防治療に努めて参ります。


アトピー性皮膚炎

allergy_03.jpg

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹や、カサカサした皮膚の赤みなどを繰り返す皮膚の炎症です。
赤ちゃんの頃から湿疹を繰り返すお子様もいたり、そういった湿疹が食物アレルギーと関与している例もあります。
血液検査などを行い、症状を悪化させる原因がないかどうか確認し、原因物質に対する対処法を御指導致します。
塗り薬・痒み止めなどを処方する以外に、有効な薬の塗り方、スキンケア方法などもご説明いたします。


食物アレルギー

allergy_04.jpg

人間の体は、侵入してきたウイルスなどの異物に抵抗し、攻撃する「免疫」という仕組みがあります。
その免疫が、食べ物にも過剰反応してしまうと食物アレルギーを発症します。
鶏卵、牛乳、小麦が最も有名な原因ですが、そば、ピーナッツ、甲殻類、果物など原因は様々で、年齢によっても異なってきます。
症状も多様で、蕁麻疹、嘔吐・下痢、咳込んだりゼーゼーしたり、口の中がイガイガしたり、運動と関連するものもあります。
最もひどい症状は、「アナフィラキシーショック」と言われ、上述の複数の症状が出て、呼吸困難や血圧が下がって意識が無くなり、場合によっては命に関わることがあります。

しかし、アレルギーが怖いからと言って、無駄に食物除去を行う必要はありません。お子様に必要な栄養素をしっかり摂取しながら、かつ安全性も担保しながら、最低限の除去を行うことが大切です。
そのための検査として、血液検査、皮膚検査がありますが、直接食べ物を摂取して症状を確認する「食物負荷試験」を行う場合もあります。
食物アレルギーがご心配な方、すでに診断されているが今後どうしたらよいか分からないという方、気になることがあればまずは外来にて御相談ください。
アレルギー内容をしっかり把握し診断するため御時間がかかる場合がございます。できるだけ、お電話かwebで「アレルギー相談」を選択して御予約ください。

※エピペン処方を御希望の方(有効期限切れ後の再処方を含む)は事前にお電話でご相談下さい。お子さまを守る命綱です。処方するだけではなく、いざという時にきちんと使えるよう、説明の御時間を頂戴します。

花粉症、アレルギー性鼻炎

花粉症やアレルギー性鼻炎のご相談も承ります。
鼻炎症状は睡眠や集中力の質に大きく関わるとされています。お子様や御家族の生活の質が向上するよう、それぞれに合った治療方法を、ガイドラインに則してご提案致します。
ダニアレルギー・スギアレルギーの舌下免疫療法(アシテア・シダキュア)も行っております。